鈴木俊一議員派閥は?妻の家柄と息子結えの苦悩、事務所所在地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第3次安倍第3次改造内閣で国務大臣

(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)

通称 五輪相に就任された

鈴木俊一衆議院議員。

 

気になって、ちょっと調べてみると、

えっ? そうなの? っていうこと

がたくさんありました(^^)

 

 

スポンサードリンク


 

 

そもそも鈴木俊一さんって誰?

と思われる方が多いかなって・・・

 

 

60歳以上の方なら 鈴木さんの顔を見

ただけで、「あっ」という方なのです!

 

 

鈴木俊一衆議院議員プロフィール

 

 

 

1953年4月13日生まれ

出生地は東京。

麻布高等学校を卒業後

大学は、早稲田大学教育学部へ。

その後、全国漁業共同組合連合会に。

 

 

 

1990年に旧岩手1区から出馬し

初当選。

 

 

 

2009年いわゆる政権交代選挙で

落選も、2012年現岩手2区にて

返り咲き!

 

 

岩手といえば、もともと保守王国で

したが、現在は小沢一郎王国と言わ

れる中にあって長い間議席を守って

きた鈴木俊一さん。

 

 

 

地元有権者の熱い支持があることを

物語っていますね。

 

 

 

顔写真を見るとどことなく、憎めな

い人にみえちゃいますね(^^)

 

 

所属する派閥は?

 

 

父親は、第70代内閣総理大臣

鈴木善幸(すずきぜんこう)さん。

 

 

 

2004年に93才で旅立って逝かれま

したが、お父さんの出身地が東北岩手県

です。

 

 

 

俊一さんは、善幸さんが引退したあとの

地盤を継いでいるいわゆる二世議員!

 

 

 

父善幸さんが宏池会に所属していた関係

もあり、当選後はそのまま宏池会へ。

(現 岸田派)に所属していましたが

 

 

 

その後、無所属を経て現在は

麻生派に所属  その訳は・・・

 

 

麻生太郎衆議院議員外務大臣の奥様が、

鈴木俊一議員の姉に当たります。

 

麻生千賀子さん

旧姓鈴木千賀子さん。

プロフィールでは、麻生ちか子という名

前を使用されています。

 

 

俊一議員から見て、麻生太郎議員は義兄

に当たります。麻生派へ入会されたのも

ごくごく自然の流れかと・・・

 

 

鈴木議員の妻は?

 

旧姓 堤敦子

父は堤平五→(にんべんに五)

 

 

宮澤喜一元総理大臣といとこの関係に

あります。

 

 

大久保利通から吉田茂-佐藤栄作―

岸信介―福田康夫、三笠宮様まで、

家系図が並びきれないほど、あちら

こちら親戚関係に!

 

 

俊一ご夫妻とも、名門の家柄という

間から(^^)なのです。

 

 




 

 

二世議員の息子としての苦悩!

 

 

 

なにせ、お父様が総理大臣。

その息子として、ご苦労も多かったので

はないかと・・・

 

 

 

父善幸さんが、行った政治活動の基本は

「和の精神」

南部(岩手)の出身らしい調整力に優れ

た政治家であられました。

 

 

 

自ら望んでなった、総理大臣ではないこ

ともあって、政権発足時の内閣の顔ぶれ

は実力者総動員の組閣でした。

 

 

 

その調整力の父を見て育った俊一議員は

決して派手なことはせず、地元岩手の為

に地道に活動され、第一次小泉内閣では

環境大臣に就任されています。

 

 

 

一年間大臣を務め、次に引き継いだのが

小池百合子東京都知事。

 

 

 

今回、五輪相に就任されるにあたって、小

池さんとの関係が比較的良好な俊一議員に

白羽の矢がたったのかもしれません。

 

 

 

自らは決して前面にです、自民党でも裏方

の仕事に徹してきた事を考えると、親の考

えを忠実に踏襲し、鈴木家のブランドをし

っかりと守り抜くことで、支持を得てきた

のかなと・・・

 

 

 

親が偉大だと、息子は何かと比較されてし

まい言われなきこともたくさんあったかと

思います。目に見えない苦労もたくさんさ

れてきたのではないでしょうか?

 

 

 

地元岩手の事務所

 

東京の議員会館の他に、地元岩手には

4つの事務所があり、俊一議員をささ

えておられます。

 

 

滝沢事務所
岩手県滝沢市鵜飼狐洞1-432

宮古事務所
岩手県宮古市大通1丁目2番30号

二戸事務所
岩手県二戸市石切所枋ノ木63番6号

久慈事務所
岩手県久慈市中央3-29

 

 

まとめ

 

 

東京オリンピックを控え、国と東京都や

組織委員会、開催自治体、関係団体など

まだまだ調整すべきことがたくさんあり

ます。

 

 

組織委員会の森喜朗会長とは、早稲田の

先輩後輩の間柄(^^)

 

 

鈴木俊一議員が、五輪相として父親譲り

和の精神をもって、うまくまとめ上げ

てくださることを期待し、応援いていき

たいと思います。

 

 

今回も読んでいただきましてありがとう

ございました。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク