菅井竜也の成績や身長、高校は?王位獲得は新振り飛車戦法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、kong(コング)です。

将棋界のホープ

菅井竜也七段について

調べてみました。

菅井さん、スゴイ人でした(^^)

 

スポンサードリンク


 

菅井竜也さんプロフィール 身長は意外にも?

 

 

*画像は王位戦ブログより引用

 

生年月日 1992年4月17日

(2017年現在 25歳)

出身地 岡山県岡山市

 

2010年4月1日 17歳でプロに!

師匠 井上慶太九段

現在

竜王戦ランキング 4組

名人戦順位戦 B級1組(2017年より)

 

身長  163センチ
体重  54キロ
血液型 A型

結婚はまだのようで、独身。

 

 

 

棋士の方って、小柄な方が多い印象です。

巨漢棋士はひふみん含め多数存在しますが

高身長な棋士は、過去にもそう多くは在籍

していません。

 

 

近年プロ棋士の登竜門とされる、小学生名

人戦大会では、あの藤井聡太四段の連勝

ストップし時の人となった佐々木勇気五段

に敗れ、準優勝となったことも!

 

 

奨励会三段リーグで昇段を決めた後の消化

試合で、中学生プロ誕生目前の佐々木勇気

さんを負かして、その芽を摘んだことで知

られています。

 

 

出身高校は?

 

 

いろいろと調べてみたのですが

具体的な高校、さらには卒業したとの記

述がありません。

 

 

一説には、地元岡山県の高校に進学した

との情報もあり、自宅も岡山という点を

考えると、有望な説なのですが・・・

 

 

昔の将棋界は、中卒でプロになる人も多

くいましたが、近年はさすがに高校卒業

のプロが増えてきました。

 

 

理由は、26歳までに四段に昇段しない

とプロになれない規定にあります。

セカンドキャリアの為にも、高校は卒業

しておきたいとの考え方があるようです。

 

 

まぁ~、その昔は家出してプロを目指し

た棋士もいたそうですが(^^;

 

 

成績

 

 

 

2017年8月末現在

対局数 341局

勝利数 249

負け数    92

勝率  7割3分0厘

 

驚くべくは、勝率の高さ!

生涯成績で、全棋士中 第4位!

対局数100局以上では、第1位

(2017年8月末現在)

 

 

デビュー以降29連勝を記録した天才

藤井聡太四段の勝率9割は別として、

300局以上の対局で、通算勝率が脅威

の7割3分!

 

 

現在タイトル戦(王位戦)を戦っており

タイトル獲得もそう遠くない時期に達成

しそうな実力の持ち主です。

 

*2017年8月30日 平成生まれで初の

タイトル保持者誕生! 王位獲得!

羽生善治王位 4-1 で退け奪取!

 

ちなみに、羽生善治さんの通算成績は

 

対局数 1933

勝利数 1379

負け数   552

勝率 7割1分4厘

 

これはも、天文学的成績ですが・・・

 

 




 

 

王位獲得の原動力 菅井の振り飛車とは?

 

*図は王位戦ブログより引用

 

【振り飛車とは】

自陣の飛車を左側に展開し相手の飛車と

対面する形で戦う戦法の事!

 

以前は、相手の攻めを受ける側の戦法と

して用いられたが、近年は仕掛ける戦法

として活用されています。

 

 

歴代の振り飛車党と言われる棋士

 

古くは

大山康晴十五世名人

森安秀光九段

 

近年だと

近藤正和六段

藤井猛九段

久保利明王将(2017年現在・九段)

 

近年の振り飛車党の棋士たちに共通

しているのは、王様を安全に囲って

から動きだす

「駒のさばき」

 

しかし、菅井竜也七段の振り飛車は

序盤から積極的に仕掛けて、優位を

形成する独特の感性にあります。

 

上の図面もそのひとつ。

この場合は、角も飛車も働いていま

せんが

 

 

気が付くと、相手は囲いどころか駒の

連携が取れていないのに対し、菅井さん

は自陣の囲い&攻撃の駒のさばきの形も

出来ている。

 

 

この序盤の駒組みが非常にうまいのが

菅井竜也七段の強さの秘訣です。

 

 

菅井さんの有名な書籍、「菅井ノート」。

序盤の振り飛車戦術のバイブルとして

プロも評価しています。

 

 

 

まとめ

 

 

 

おそらく将棋界初、平成生まれの最初

タイトルを取るのが菅井竜也さんと言

われており、見事王位戦タイトル獲得

で実現しました。

 

 

最初のチャンスでモノにするという勝

負運も大事ですよね。

 

 

今、獲得しておかないとあの藤井聡太

四段が一気に迫ってくるかも・・・

という見立てもあったので(笑)

 

 

ライバルが多い中、タイトル獲得で少

し先に出た菅井さんをこれからも応援

していきたいと思います。

 

 

あの「ひふみん」ですらタイトル獲得

は8期。羽生さんは98期っていうのは

別として、タイトル獲得10期を超える

と超一流棋士の仲間入り。

 

 

そこを目指して(^^)

 

 

今回も読んでいただきありがとうござ

いました。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク