バードストライク原因や発生確率は?事故件数や対策はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは kong(コング)です。

今回は、飛行機のバードストライク

について調べてみました!

 

エンジンに巻き込むことを指してい

るのかなと思ったのですが、衝突そ

のものを指しているようです!

 

スポンサードリンク


 

 

バードストライクとは? 原因は?

 

*画像元 http://trend.reviewtide.com/jiken/bird-strike/

 

 

鳥が人工構造物に衝突する事故を指しま

す。つまり、飛行機の他、鉄道や車も関

連してきます。

 

 

鉄道や車の場合、フロントガラスが破損

するケースがほとんどですが、飛行機は

エンジンに巻き込まれることが重大事故

につながるため、空港関係者も頭を悩ま

せているようです。

 

 

あと風力発電所の羽にぶつかることもあ

るそうです。 ホントに?って思います

けど、鳥が餌につられてよそ見していて

ぶるかるそうです!

 

 

原因は?

 

飛行機の場合、特に日本の空港は海沿い

に面した場所が多いこともあり、海鳥な

どが多く飛来していることが理由にある

ようです。

 

 

特に、離陸時にエンジンの前方から強力

な空気の吸入によって鳥が吸い込まれる

ことでエンジントラブルが発生し、時に

は火を噴く重大事故になる場合も!

 

 

多くは、小さな鳥が吸い込まれて着陸後

の点検で分かるケースも多いようです。

 

 

あと、フロントガラスに当たる場合は特

に飛行機の場合は即重大事故へ直結しま

すので、怖い・・・

 

 

 

発生確率や事故件数について

 

 

2012年の統計によると、飛行機の降下中

は32件と少なく着陸滑走は全体の25.3%

と意外に多いデータが。

 

 

進入、離陸、上昇中の3つを合わせると

50.9%と断トツ。(不明は21.1%)

 

 

全国で確認されている飛行機のバードス

トライクは 2012年で 1,710件と深刻

な数字が・・・

 

 

時間帯別だと

昼間は58% 薄暮れ・夜間が37%!

 

 

鳥の種類別だと、トビとカモが13件

カモメも2件ほど確認されています。

タカ科とカモ科のトリガ航空機損傷の原

因で多く見られます!

 

 

空港別では羽田が多いのですが、確率と

しては離発着一万回あたりの衝突件数で

みると

 

 

北海道紋別空港が1位で与那国島が2位!

もっとも、両空港は発着数が少ない為に

統計上の分母が上がってしまいます!

 

 

エンジンに巻き込まれる事例が多いよう

に思われがちですが、飛行機の破損場所

を見てみると、

 

 

コックピット回りの首部部分(ノーズ)

が約35%で次に翼部分の28%エンジ

ンプロペラ部分は約20%というデータ!

 

 

2012年は航空事故として3件も認定され

ており、離陸りゅしは17件。

実は2008年と比べると3倍に増えている

データが!

 

 

鳥が期待に衝突した件数も2008年比か

ら138%に増加しています。

 

 

環境の変化による、鳥の生息場所の問題

が背景にあるようですが、環境変化のひ

とつの原因は、空港開発による人的責任

が要因として否めません。

 

 




バードストライクの対策は?

 

 

 

空港によっては、飛来が多い時間帯に

空砲で威嚇しているそうです。

ただあまり効果が見込めないとのこと。

 

 

そこで、最新の対策として登場したの

が「タカ」!

 

 

タカを放ち、鳥たちを追いやる方法が

見直されていて、国内では成田空港で

試験的に行われているそうです。

 

 

海外の空港でも実践例があり、有効な

手立てだと評価を得ているそうです。

 

 

同じ仲間の天敵に頑張ってもらうのが

有効とは、若干人間界にも通ずる部分

があるやもしれませんね(^^)

 

 

 

まとめ

 

 

気になるのは、バードストライクによる

衝突事故の発生件数が増えていること!

 

 

予算も増やしてその対策を講じていただ

き安全を確保していただきたいものです。

 

 

乗客では努力できない部分なので、ただ

ただ関係者の皆さんに頑張っていただく

しか・・・

 

 

またそいいう努力に感謝しながら飛行機

に乗ることもしないといけませんね。

 

 

長文を読んでいただきありがとうござい

ました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク