ニシャリャンのプロフ&戦歴!おばさん卓球女子は東京五輪目指す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。kong(コング)です。

卓球おばさんことニシャリャン

選手について掘り下げてみたい

なと。。。

 

フットワーク無しのプレースタ

イルはどうやって確立されたの

か、そしてなぜ現役にこだわる

のかなって?

 

 

スポンサードリンク


 

 

ニシャリャンさんプロフィール

 

1963年7月4日 生まれ

(2017年現在 54歳)

中国上海市 出身

157cm

58キロ(ご想像にお任せします)

 

 

10代で中国ナショナルチームに選出。

中国代表として、世界選手権で活躍。

 

1983年東京大会 混合ダブルス優勝

1985年イエテボリ大会 女子ダブルス準優勝

 

 

ニシャリャンさんは日本の大会で優勝し

ていますね。

22歳までは中国のナショナルチームでプ

レーしていたことが戦歴からもうかがえ

ます。

 

 

その後、ドイツからルクセンブルクに渡

って、同国代表に(^^)

 

 

 

 

ヨーロッパ選手権で2度優勝されている

そうです。記憶に新しいところでは、

2016年自身4回目となったオリンピック

で2勝を挙げたスーパーウーマン!

 

 

話は少し脱線しますが、混合ダブルス

って昔は日本のお家芸だったって知っ

てましたか?

 

 

1957年から1969年まで世界選手権7大

会連続で日本選手が優勝してるんです

ね! あの荻村伊智朗さんが3連覇!

 

 

今年2017年に吉村真晴&石川佳純ペア

が優勝しましたが、実に24大会48年

ぶり!

 

 

プレースタイルは前陣速攻型

 

*出典 xinwen.eastday.com

 

ニシャリャンさんの1995年当時、32歳の

フォトカット。

 

 

 

彼女のラケットの握り型はペンホルダ

ー型!

温泉ピンポン(^^)は必ずこの握り

でした。

 

 

現在は、シェークハンド全盛にあって

珍しいのですが、昔のアジアの選手は

ペンホルダータイプが多かったようで

す。

 

 

基本は攻撃型の前陣速攻型の選手。

しかし、フットワークは使えません

年齢的にプレースタイルがそうなった

のでしょう。

 

 

卓球台に近づき、スマッシュを多用し

て早めに決着をつけることで体力を温

存しているようです。

 

 

とは言え、まぁまぁ動いていますよ!

僕よりも確実に(^^;

 

 

昔、前陣速攻型といえば、福原愛ちゃ

んもその部類に入ります。愛ちゃんの

場合はバックハンドを多用したプレー

ヤーですが・・・

 

 

 

前陣速攻型の名プレーヤー

河野満(こうのみつる)さん。

 

 

ラケットもペン型で台に近づき素早い

動きで、1977年世界選手権バーミンガ

ム大会で見事チャンピョンに!

 

 

強かったですよ河野さん(^^:

1979年の世界チャンピョン小野誠治さ

んや伝説のカットマン高島規郎(のり

お)、当時の日本人選手は強かった!

 

あ、僕の歳がばれる・・・

 

 




 

 

54歳にして90分の激戦を勝ち抜く!

 

さて、ニシャリャン(倪夏蓮)さんが

卓球のワールドツアーのオーストリア

オープンで、世界ランキング13位で

19歳の新鋭橋本帆乃香(ミキハウス)

さんと対戦し見事勝利(^^)

 

 

試合時間 1時間32分44秒

年の差が 35歳

 

 

恐れ入りました。 動画ニュース配信

されていましたので、その時の試合と

インタビュー(もちろん中国語)を!

 

 

 

2020年東京オリンピック 57歳での出場を目指す?!

 

 

映像を見て思うのですが

ケガとかしないのかなと・・・

鍛えなきゃ(^^)

 

 

しかし、まだまだ元気ですし、ルクセン

ブルクの国内で勝つことが条件ですが、

2020年東京オリンピックを目指して欲

しいです!

 

 

 

まとめ

 

 

(所さん口調で)

つ・よ・い・で・す・ねぇ~

 

まず、54歳で動けることがスゴイ!

そして何より、闘争心(^^)

絶対勝つという意志でプレー。。。

 

福原愛ちゃんも、子育てが終わった

ら復帰してもらいたいなと!

 

今回も読んでいただきありがとうご

ざいました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク