生駒里奈がオタに嫌われる理由とTV局に好かれる理由!乃木坂46から大女優へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはkong(コング)です。

デビューから乃木坂46を牽引

してきた生駒里奈さん。

実は人気の裏で、苦悩と葛藤

とがあって・・・

正直ファンとしてはあまり触

れないようにしていたのです

が卒業を期に、自分なりの感

想を書いてみました・・・

 

 

スポンサードリンク


 

 

生駒里奈がなぜ5枚目までセンターだったのか?

 

 

生駒里奈がセンターに続けて選出されたのは、なぜだったのか?

前評判も決して高くなかったのに、抜擢されたのはいくつかの偶然が重なっています。

 

・幻のセンター「吉本彩華」の活動辞退

・暫定一列目の秋元真夏が親の反対で、大学合格まで芸能活動を許されなかった

・市来玲奈も暫定一列目だったがセンターには選ばれず・・・

 

抜きんでた子がいなかったこともあるのですが、最終的に16名のバランスを重視し絶対的ではないセンター像として生駒里奈の起用になったのかなと・・・

 

これは結果論でもありますが、しゃべりが出来る子が生駒だけだったことも。(しゃべれるようになったというか、センターが故に話さざろう得なかった)

 

君の名は希望という名曲に出会えたことと、握手会の人気を反映すべく、他のメンバーの知名度も上げていくという運営側の方針からセンター交代劇が6枚目のガールズルール白石麻衣の抜擢へとつながっていきます。

 

もし、もし、生駒里奈以外の子が早々にセンターに抜擢されていたらどうなっていたか・・・

知名度が上がるまで想像以上に、時間がかかったかもしれません。

 

本人のプレッシャーたるもの、相当であったことは本人が後に語っていましたが、6枚目でのセンターから外れた時に意識が飛んで倒れたこと、TVで泣きじゃくっていたのはショックからではなくプレッシャーからから解放された事が一番大きかったようです。

 

 

 

この動画はショックでした。。。

 

本当に普通の女の子が、アイドルとして活動をはじめて、すぐにAKB48のセンター前田敦子と比べられることって想像が出来ないですよね。

 

 

乃木坂46はソニーミュージックの反転攻勢から生まれた産物だった!

 

ところで乃木坂46の歴史を語る上で、いくつかのポイントがあります。

 

 

・AKB48のレコード会社は当初ソニーミュージックだった。キングレコードに変わって売れ出した!

 

AKB48のシングルCD

 

~ソニー(デフスターレコード)~

 

1st 会いたかった 27,000枚
2nd 制服が邪魔をする 22,000枚
3rd 軽蔑していた愛情 23,000枚
4th BINGO! 26,000枚
5th 僕の太陽 29,000枚
6th 夕陽を見ているか? 18,000枚
7th ロマンス、イラネ 23,000枚
8th 桜の花びらたち2008 25,000枚

ソニー(デフスターレコード)と契約解除

 

====

9th Baby! Baby! Baby!(配信限定)

====

 

~キングレコードと契約~

 

10th 大声ダイヤモンド 94,000枚
11th 10年桜 130,000枚
12th 涙サプライズ 165,000枚

 

ソニーがAKBの商法に対して否定的だったこと(桜の花びらたち2008 ポスター44種類を集めるために最低44枚の購入が必要だったことでソニーが激怒したとか・・・)

 

キングレコードの販売から、通常盤にDVDが常時付くようになり、それから大掛かりなプロモーションを展開へ。

 

個別握手会→全国握手会の開催。シングル選抜総選挙の開催などを各CDシングルに参加券として封入させたことが販売増加へつながりました。

 

ソニーとしては、売れないだろうと思い込んで手放した宝をどうしても取り返したい・・・

乃木坂46プロジェクトはそうした大人の事情というよりソニーの事情で生まれたグループでした。

 

欅坂46と共に、ソニーの生き良いは止まりませんね。

 

 




 

 

握手会の不人気はオタのわがままと生駒の正直な性格が衝突!

 

 

 

握手会で人気がないのになぜセンターなの?

こういった素朴な疑問もあって、センターを外れた要因の一つに。

 

オタからすると、あるいみ女オタである生駒ちゃんを好きになれず・・・

かつ、疑似恋愛を醸し出す握手会にあって、彼女は男に媚びることはしません。

 

ファン「結婚してください」

生駒ちゃん「嫌です」

 

ある意味不器用で正直な性格が災いし、オタの人気を得ることが出来ず、女オタな性格が故に女子からも敬遠されていたことは、随分と損をしていたかもしれません。

 

握手会への不参加がたびたびオタからバッシングの対象になることもありました。他の仕事の都合ということを理解されないことも・・・

 

人気がないのになぜセンターばかり・・・

AKB交換留学生になったこともなぜ生駒なの?

最後は握手会になぜ出てこない?

 

彼女が悪い事をしていないのに、何かにつけて非難されることがとてもかわいそうでした。

 

でも卒業を迎え、コンサートの圧倒的な人気と報道の数をみたら、彼女の大きさがあらためてわかりました。

 

嬉しかったなって(^^)

 

 

生駒里奈がTV局や業界関係者に好かれる訳は?

 

 

彼女の仕事のスタンスは、乃木坂が有名になる事、そしてメンバーがTVにたくさん呼ばれることを第一に考えて活動してきました。

 

 

このことはあまり知られていませんが、自分がTVにたくさん出ることで乃木坂のレールを敷こうとしていた最大の功労者です。

 

 

初期の頃は、他のメンバーはほぼ自分の事で精いっぱいだったことを考えると、彼女の撮った行動は本当に大きな功績でした。

 

 

当然仕事もストイックに頑張ります。乃木坂ってどこなどTV番組のアンケートはもらったその時点ですぐに書いて提出。これって出来るようでなかなか出来ていないメンバーがほとんどです。後で出せばいいやって・・・

 

 

踊りのレッスンも絶対にさぼらない高いプロ意識。上手い人はたくさんいるけど、彼女のサイズで他の身長の高い人に見劣りしない存在感の大きさは、レッスンのたまもの。猫背だった小さな女の子がここまで成長できるんだって(^^)

 

 

もちろん親の教育もあってか、スタッフ、共演者への挨拶がきちんとできているのは言うまでもなく・・・

 

 

2017年末の番組収録でXJAPANのYOSHIKIに、乃木坂ってほんといい子、売れる訳が分かったと語った時、生駒&高山が挨拶に行ったことを指していました。

 

 

バラエティに呼ばれることも生駒ちゃんが一番多い。なぜなら、リアクションもそうだけどコメントが上手い!

 

 

西野七瀬のコメント力はさっぱり上達しませんが(もっともそこが彼女の良さでファンには手厚いことが魅力だけど)TV受け、番組側としての使いやすさは生駒ちゃんがダントツです。センターとしての知名度も貢献してましたし・・・

 

 

AKB48チームBに交換留学したことも、ステージパフォーマンスを展開するうえで大きな経験となり太陽のックでのセンター返り咲きはとても良かった(^^)

 

 

FNS歌謡祭でAKBグループを代表して欅坂46サイレントマジョリティーでセンターポジションを努めた際の存在感は今でも忘れられません。

 

 

 

指原莉乃が最後までごネタという噂があったサイレントマジョリティーの披露をセンター生駒がまとめ上げた。

 

 

乃木座46歴代シングルとセンター

 

あらためて、CDシングルを振り返ると・・・

 

 

 

生駒里奈  2012年2月22日 ぐるぐるカーテン

生駒里奈  2012年5月2日 おいでシャンプー

生駒里奈  2012年8月22日 走レ!Bicycle

生駒里奈  2012年12月19日 制服のマネキン

生駒里奈  2013年3月13日 君の名は希望

白石麻衣  2013年7月3日 ガールズルール

堀未央奈  2013年11月27日 バレッタ

西野七瀬  2014年4月2日 気づいたら片想い

西野七瀬  2014年7月9日 夏のFree&Easy

生田絵梨花 2014年10月8日 何度目の青空か?

西野七瀬  2015年3月18日 命は美しい

生駒里奈  2015年7月22日 太陽ノック

白石、西野 2015年10月28日 今、話したい誰かがいる

深川麻衣  2016年3月23日 ハルジオンが咲く頃

斎藤飛鳥  2016年7月27日 裸足でSummer

橋本奈々未 2016年11月9日 サヨナラの意味

白石、西野 2017年3月22日 インフルエンサー

大園、与田 2017年8月9日 逃げ水

西野、斎藤 2017年10月11日 いつかできるから今日できる

白石麻衣  2018年4月25日 シンクロニシティ

 

 

乃木坂46シングルCD売上枚数

 

 

ソニーミュージックが慌てたのは、ぐるぐるカーテンが初登場2位発進だったこと。

 

運営側はかなり危機感を持っていたようです。

 

ただ、以下の遍歴を見ると一気に売れなくてよかったのではないかなと・・・

 

徐々に力を付けて来たからこそ今のポジションがあるのではと!

 

 

タイトル 枚数
ぐるぐるカーテン  214,373
おいでシャンプー  225,383
走れ!Bicycle  245,069
制服のマネキン  313,310
君の名は希望  319,421
ガールズルール  459,658
バレッタ  516,654
気づいたら片想い  546,832
夏のFree&Easy  526,564
何度目の青空か?  619,803
命は美しい  622,248
太陽ノック  679,700
今、話したい誰かがいる  741,243
ハルジオンが咲く頃  833,322
裸足でSummer  863,653
サヨナラの意味  974,458
インフルエンサー  1,035,209
逃げ水  1,060,120
いつかできるから今日できる  1,062,256

 

インフルエンサーのレコード大賞受賞は、純粋に褒めてあげたいですね(^^)

 

名曲は「君の名は希望」であることに何の疑いもありません!

 

 

編集あと記 女優へ向かって!

 

 

振り返えれば振り返るほど、多難なスタートだった乃木坂46。

 

それを救った最大の功労者が、生駒里奈であったことを大人たちは理解しています。

 

卒業コンサートがこれほど反響を呼んでいることがその証だと・・・

 

小さな体で大きな役割を得た生駒ちゃん。

 

 

 

 

メンバーが全員30歳を超えた時、一番輝いているのは生駒里奈ではないかと信じています。

 

グラビアも卒業とのことですが、スタッフからの信頼が厚いのでTVでの露出はまだまだありそうですね!

 

芝居の演技力はこれから磨いていくことになるかと。でもきっと大きな女優に育っていくことかと!

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

久々、長くなってしまったけど(^^;

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク