小祝さくら・黄金世代のかわいい画像!高校や母のスナック店はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2017年8月

『北海道meijiカップ』

でプロデビューした小祝さくらプロ!

キャップをかぶってのプレー姿がとてもかわいいと評判です。

彼女の様々な生い立ちを調べてみました。

<追記あり>

 

 

 

かわいいと評判のさくらさんの画像

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小祝さくら/ Sakura Koiwai(@sakura_koiwai_official)がシェアした投稿

 

キャップが良く似合います。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小祝さくら/ Sakura Koiwai(@sakura_koiwai_official)がシェアした投稿

 

かわいい素敵な笑顔ですが、その背景にはとても苦労して今日を迎えた彼女の姿が・・・

 

最近では珍しい、たたき上げのプロゴ

ルファーなのです。

 

小祝さくらさんプロフィール 高校は?

 

1998年4月15日生まれ

 

【身長】 158cm

【血液型】 A型

 

【出身中学校】

北広島市立大曲中学校

 

【出身高校】

学校法人三校学園
飛鳥未来高等学校 札幌キャンパス
(通信制)

 

【以前の勤務先】
札幌リージェントゴルフ倶楽部

2017年プロテスト 19位タイで合格

 

高校は、通信制の
飛鳥未来高等学校 札幌キャンパス

 

その高校の先輩にプロゴルファー
藤田光里(ふじたひかり)さんが!

 

藤田さんはモデルでお姉さんの美里さん

がキャディーを努め美人姉妹と注目を浴びていますね。

 

 

晴れてプロになったさくらさんですがそれまではとても苦労されています。

 

札幌リージェントゴルフ倶楽部でお客様をゴルフ場内に案内(時間とスタートホールを調整する)スタート係を務めながら15時から練習の日々。

 

練習自体は、自由にさせてもらっていたようですが最近の他のアマチュアゴルファーと比べると明らかに時間的制約が多く環境は必ずしも良くなかったと思います。

 

ゴルフ場での勤務は月に12日間。

 

それ以外はすべてゴルフの試合の遠征。

 

ということは・・・
当然、持ち出し(出費)が多くなる

 

所属先のゴルフ場の給与は一般的に考えても決して高額ではなかった思われます。

 

そんなわずかな手取りの中から毎月3万円母親に渡して(家に入れて)残りはプロテスト受験のために貯金をしていたさくらさん。

 

そんな努力が徐々に報われてきます。

 

 

ジュニア時代から数々の大会で活躍し2016年北海道女子アマ優勝

北海道ジュニアゴルフ選手権優勝

 

北海道では敵なしの強さに!

 

地元北海道の北斗市で開催された2016年日本ハムレディースではアマチュアながら、初日2日目と首位に立ち堂々8位に!

 

2017年も同大会で、勝みなみさんを抑えて見事ベストアマチュアに!

 

そして2017年プロテストで悲願の合格。

 

合格組にはいわゆる当時は勝みなみ世代・後に黄金世代と言われる新垣比菜さん、松原由美さんや吉本ひかるさんなどアマチュアで輝かしい戦歴を持った選手がたくさんいます。この黄金世代ってマジですごい選手が揃っていますね。

原英莉花 河本結 大里桃子 淺井咲希 畑岡奈紗 そして 渋野日向子! 

揃ってますよね~~~~~(笑)

 

小祝さくらさんは黄金世代の中で、誰が最初にプロ初勝利をスタートとして天下を勝ち取るか注目ですね。

 

さくらさんを支えた母ひとみさん!

 

 

アマチュアゴルファーで、ゴルフの大会に出続けることは、多くの経費ががかり経済的にとても大変なことなのです。

 

大会ごとにゴルフ場でプレー代を払わなばならず、用具はサンプル的に提供を受けることはあっても遠征費、滞在費は自分持ち。

 

そんなさくらさんを支えてきたのが女手ひとつでさくらさんと弟を育てた母親の

 

小祝ひとみさん。

 

ひとみさんが18歳の時にさくらさんを出産し、その後離婚。

 

シングルマザーとしてスナックで生計を立て、毎日さくらさんの勤務が終わる午後3時から練習に付きっきり。

 

その後帰宅し夕食を作って、夜の8時から深夜2時まで仕事。

 

母親は本当にタフですよね。

 

お店の名前、ちょっと気になって調べてみました。

 

小祝ひとみさんのお店

スナックの名前は?

 

公開されてはいないのでが、

スナックひとみ

ではないかとの情報が・・・

 

 

札幌に2件、東区と北区に同じ名前のお店があります。

 

どちらかが、さくらさんのお母さんが経営されているお店ではないでしょうか?

 

母子家庭で、金銭的にも余裕がなかった小祝家にとって、プロゴルファーへの道のりは決して平坦なものではなかったかと思います。

 

ひとみさんがどんな想いでさくらさんを育て上げたかと考えると、自分にはとても同じことは出来ないなって・・・

 

まとめ

 

<追記>

2019年 サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント で初優勝!

2020年 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント 2勝目 

2021年 第34回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント

 〃  Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント 

初優勝からあれよあれよという間に、4勝! 2021年4月4日現在 賞金ランキング1位

賞金王も視野に入ってきたさくらさん。

母親と共に歩んだ苦労を、さくらさんがプロとして花を咲かせ、幸せを掴んでほしいと誰もが願ってくれることと・・・

現在では珍しい、苦労人のたたき上げプロゴルファー、そしてバラエティー番組で見せるちょっと天然な「小祝さくら」さんをこれからも応援していきます。

長文を読んでいただきましてありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*